派遣型のキャバ嬢として働く方の意見として「30歳になると働けるお店が減った」というものがあります。
たしかに、30代になるとキャバ嬢としてのニーズが減ってしまうのは事実です。

そしてキャバ嬢としてのニーズが減る以外にも、様々な問題があります。
このページではそんな、「30代以降もキャバクラで働く上での壁」について書かせて頂きました。

お店に居づらい雰囲気になる

お店にいる女の子の殆どが10代後半から20代前半になってしまうと、お店に居づらい雰囲気になってしまうのは変えがたい事実です。
20代前半の女の子と30代前半の方とでは軽く10歳の年齢差がありますので、好きな芸能人やテレビ番組、ブランド品、音楽、ファッションなど興味を持つものにどうしてもジェネレーションギャップを感じる事が多くなります。

お客様もその辺りは何となく分かっているため「○○ちゃんはもう30過ぎだって?良く頑張るよね~、年増なのに」といじられキャラになってしまう事もしばしば。
特に庶民派のキャバクラに行くと品の無いお客様もいるため、平気でキャバ嬢の年齢やルックスをからかって笑い物にしてきます。

このように、「他のキャバ嬢と話しが合わない」「ジェネレーションギャップを感じる」「壁を感じる」となると、これ以上お店で頑張り続けたいという気持ちには中々なりにくいですよね。
若い女の子が多いお店には段々と適応できなくなり、より年齢層の高いキャバ嬢が在籍する熟キャバに移動していく。
そんなキャバ嬢が後を絶ちません。

30代になると採用基準が厳しい

そもそも30代のキャバ嬢が採用試験を受けようとすると、まず面接をしてくれるお店自体が少ない事に気が付くでしょう。
熟キャバでなければ採用は難しくなるため、キャバ嬢の年齢層が高いキャバクラ店を重点的に探す以外になくなってしまいます。

熟女キャバクラでも「未経験者歓迎」を謳うお店はありますが、実際に採用試験を受けてみるとやはりルックスは問われますし、どれだけのお客様を持っているかも重要になります。
30代・40代のキャバ嬢となるとそれなりの経験や実績を持っている事も多いため、どれくらいお店にお客様を呼べるのかを聞かれるケースも。

さらに30代・40代の女性で人並みのルックスとナイトワークの経験がない状態となると、採用は厳しいでしょう。
同じ条件でも20代前半の女性なら採用してもらえる可能性はありますが、年齢を重ねると採用基準が厳しくなるのはやはり事実のようです。

ただ、明るい性格で接客が上手、固定客がつきそうな女性、将来の可能性を感じさせる女性であれば、積極的に採用するお店もあります。
ですので、もし本気でナイトワークがしたいのであれば「熟キャバ」に狙いを定めて面接を受ける事をお勧めします。

再就職もできない年齢になる

昼職(OLなど)とナイトワークを兼業している方はともかく、30代・40代になるまでずっとナイトワーク一本の仕事をしてきた方は、この年齢になると一般企業に再就職しようと思ってもなかなか難しいのが現状です。

ナイトワークの常識と昼職の常識とでは全く違いますし、そう簡単に一般企業に再就職は出来ないので、結局のところキャバ嬢を辞めてスナックやラウンジなどへ流れてしまうケースも多々みられます。