未経験の30代の女性がキャバクラでキャバ嬢デビューするのは可能なのでしょうか?
繰り返しになりますが、20代前半の若い女の子であれば人並みのルックス&未経験でも採用してもらえるのに、30代~40代となると途端に採用してもらえるお店が少なくなります。

このページでは30代から未経験でキャバ嬢を始める方に、その心構えや必要な事を書かせて頂きました。

見た目年齢が若い方が有利

未経験30代のキャバクラデビューの第一候補となる熟キャバ
熟キャバには熟女目的のお客様がやって来ますので、キャバ嬢は若さを求められているわけではありません。

とはいえ見た目の年齢が若く、綺麗なキャバ嬢のほうが人気がでるのは当然のお話です。
童顔で若く見られる女性の方が得かもしれませんね。
童顔ではなくても、体形をスリムに保つ努力をしてお肌や爪の手入れをする事が求められます。
美意識に関するところは、普通のキャバクラも熟キャバも同じですね。

やはりプロ意識のあるキャバ嬢でなければ生き残れないのが、キャバクラ業界。
「パート程度の収入にしかなっていないから、適当でいいわ」と言っているようでは、この世界で長く仕事を続けていく事は出来ないでしょう。
「プロとして活躍していく」という気持ちと覚悟が必要です。

熟女キャバクラなら採用されやすい

若い女の子が多いキャバクラで、30代・40代の女性はなかなか採用されません。
もしお店とコネがあっても、年齢が高い女性はすんなりと採用されないものです。
運よく働けても、周りの若い女の子と話が合わなかったり、人間関係に疲れて辞めてしまうといったケースも多いとか。

やはり30代・40代は熟キャバに絞って面接を受けたほうが確実でしょう。
ただし気を付けたいのが、熟キャバは一般的なキャバクラよりも時給が安いこと
十分な稼ぎになるかどうかは、どれだけの経費を差し引かれるのか、何時間働けるかに左右されます。
一般のキャバクラと違って十分な報酬がもらえない可能性もあるので、過度な期待はしない事です。

家庭との両立は出来ますか?

熟キャバの仕事と家事や育児は両立が出来るのか。
家庭を持っている女性としては、ここが一番気になるところでしょう。

実は熟キャバで働く女性の中には、ご主人やお子さんがいて家事と仕事を両立させている方も多いです。
お店側もその辺りが分かっているのか、働きやすいシフトを組んでくれるので、ちゃんとした店舗を選べば安心して働く事ができるでしょう。
家庭を持っているとキャバ嬢になれない、なんて事は熟キャバにはないので安心してください。

ただ、家庭を持っている女性が熟キャバでアルバイトをする際は、まずは事前にご主人としっかり話し合い、了解をもらう事が重要になります。
了解を得ずに働き出して、後になって家族と揉めて辞めるケースが以外と多いんです。

計画を立てて時間管理を行い、くれぐれも仕事に熱中し過ぎて家庭や育児が疎かにならないよう注意してください。