30代以降のキャバ嬢がキャバクラ店で働く時、どのようなお店を選べばいいのでしょうか?
キャバ嬢の年齢層が高いお店を選ぶのは基本ですが、お店の雰囲気も重要です。
このページでは30歳以降のキャバ嬢が働くのにふさわしいお店についてまとめています。

狙い目は熟女キャバクラ

30代以降の女性がキャバ嬢として働きたいなら、まず目をつけたいのが”熟女キャバクラ(熟キャバ)”です。
キャバ嬢は全員30代以降の女性に限られており、逆に若い女の子は入店しづらい雰囲気となっています。
(※店舗によっては20代後半の女性が在籍してる場合もあります)

熟キャバ自体の数が少な目なので、たくさんのお店の中から気に入ったお店を探す事は難しいかもしれません。
それでも「雰囲気が良さそうだな」と思えるお店があれば、積極的に面接を受けてみると良いでしょう。

熟キャバの場合の注意点は、時給が他のキャバクラよりも安めに設定されている事です。
時給の安いお店になると体験入店時の時給が1,500円~2,000円である事も。
レンタルドレスやヘアメイク、送迎代などを差し引かれるとほとんどお金が残らないかもしれません。

体験入店時に実際に報酬をもらってみてあまり手元に残らない時は、もう少し時給の良いお店を検討してみても良いかもしれません。
熟キャバの場合、時給は約1,500円~4,000円が相場となっています。

高級キャバクラにも注目

東京の銀座や京都の祇園、大阪のキタなどに多い”高級キャバクラ”。
そして高級店の中には30代以降の熟女キャバ嬢を募集しているお店も実際にあります

なんといっても高級店になりますので、時給は最低でも3,500円以上が支給され、月給換算にすると80~100万円近く稼ぐキャバ嬢も。
銀座になると新宿などとは違い、一流企業の重役クラスや有名人、実業家などお金に余裕のあるお客様が多い印象です。
客層の良さからも、高時給が期待出来ますね。

一方で、このような高級店は特にルックスや接遇へのレベルが高く、普通の主婦のような女性ではなかなか入店出来ません
美貌に自信があり、キャバ嬢としてのキャリアもしっかりしているという方にとっては、高級店に挑戦してみるというのも選択肢の一つになるでしょう。

お店の雰囲気は要チェック

最後に。
熟キャバの場合、お店の雰囲気は各店舗によって違いがあります。
落ち着いたムードで楽しめるお店もあれば、カラオケで盛り上がり賑やかなお店もあるため、本入店の前に必ず体験入店でお店の雰囲気を確認しましょう。
お店の雰囲気だけではなく、客層や店舗スタッフの対応、手取りでもらえる報酬金額なども事前に確認する事を忘れないようにしましょうね。