最近目に付くようになった「熟女キャバクラ(略して熟キャバ)」とは、一体どんなお店なのでしょうか?
キャバ嬢と言えば一般的には20代前半の女性が多く仕事をしているイメージですよね。
ところが熟キャバで募集しているキャバ嬢の年齢層は30代以上です。
それでは、なぜ中高年の女性をメインに募集するキャバクラがあるのでしょうか?

熟キャバとはどんなお店?

熟キャバとは主に30代~40代の女性がキャストを務めるキャバクラ店の事です。
世の中の男性の好みは幅広く、若い女性と一緒にお酒を飲みたいというニーズがある一方、熟女好きな男性や大人なお客様、年上の女性が好きなお客様からは「30代以上のキャバ嬢と一緒にお酒を飲みたい」という需要もあります。

たしかに、20代前半のキャバ嬢には若さと言う魅力がありますし、若いお客様であればノリが合うため意気投合出来るメリットはあります。
ところが中高年(40~60代前後)のお客様では、20~30歳も年下の女性を相手に話しをしていてもジェネレーションギャップで話しが噛みあわず、楽しくお酒が飲めない事も。

そんなお客様にとって、同世代の女性との会話はとても安心できるものです。
「子供の頃にこんなテレビ番組を見ていたんだ。昔はこんな曲が流行ったよね」そんな会話は20~30歳年下の女性に通用しませんが、同世代の女性なら「知ってる、その曲。流行ったね」「私も同じドラマを見てたよ」と共感しつつ会話が出来ますよね。

このように懐かしい話しに花を咲かせる事が出来て、安心してお酒が飲めるのは同世代の女性ならではの魅力です。

30~40代のキャバ嬢の魅力

10代後半や20代前半の女性はまだまだ人生経験も少なく、話をしていても表面だけの話題で終わりがちです。
ところが30代・40代の女性になると仕事・結婚・出産・育児(人によっては離婚など)と、人生の困難を乗り越えてそれなりに語れる事もありますし、人の話しを受けとめて冷静にアドバイス出来るだけの度量もあります。

そもそも、高齢の男性にとって若い女の子に悩みを相談する事は、男性としてのプライドもあるため気が引けるんです。
男性でなくても、20~30歳も年下の人に対して弱みを見せたり頼ったりするのは、出来ればしたくないものですよね。

そんな中、同世代の女性であれば友達感覚で気軽に相談できますし、気兼ねなくアドバイスをもらったり頼りにする事ができます
30~40代であれば人生経験からの知恵もありますし、じっとお客様の話しを聞いて受け止めてくれる優しさが「若い子には出せない、熟キャバ特有の癒し」となっているのです。

若い子と一緒にカラオケを歌うのは気が引けるし、流行の曲も知らない。
一方で、熟キャバなら青春時代の曲を一緒に歌いながら安心してお酒が飲める。
高齢のお客様にとって熟キャバとは、気兼ねなく楽しめる癒しの場所なんですね。