一般的にキャバクラで求められる女の子の年齢層は10代後半から20代前半が多くなっています。
求人には「年齢不問」と書かれている事が多いのですが、お店が「女子大生の多いキャバクラ」「若い女の子の多いお店です」であった場合、30代や40代の女性はなかなか応募しづらいですよね。

お店で働く女性の年齢には、実は明確な決まりがないのが現実です。
そのため求人には年齢不問と書かなければならない事情があります。
なかには「10代後半から20代前半の女の子募集」と書いているお店もありますが、どのお店に応募するかは応募する側が選別しないといけません。

「若い女の子が多いお店です。活気があります」と書かれたお店に、あえて30代や40代の女性が応募しても「うちの店の雰囲気の合わないですね」などの理由で断られる事も。
ただ、キャバ嬢自体に年齢制限があるわけではないので、何歳まででも働ける事は事実です。
それでは、30代や40代の女性はどのように働くお店を見つければいいのでしょうか。

幅広い年齢層の女性たちが働けるのがキャバクラ

「私はもう30代だから、キャバ嬢としては働けない」なんて考えていませんか?
確かに30代になると働けるお店が限られてしまうのが現実ですが、キャバ嬢として働けないわけでは決してありません。

20代後半の女性は「姉キャバ」と呼ばれるお店でニーズがありますし、30代・40代の女性は「熟キャバ」と呼ばれるジャンルのお店で常に求められています。
つまり、利用者の好みによってお店の住み分けが出来ているんですね。

そもそも世の中、若い女の子だけがもてはやされるわけではありません。
確かに若さには魅力がありますが、「30代や40代の落ち着いた女性と一緒にお酒が飲みたい」「ゆっくり大人同士の会話をして楽しみたい」といった男性も沢山います。

「若い女の子だと話題が合わない」「ジェネレーションギャップを感じる」という年配の方は意外と多いですので、そういった層のニーズに対応するために、30代・40代のキャバ嬢が必要とされています。

30代・40代のキャバ嬢に求められるもの

幅広い年齢層の女性に向けて求人を出しているキャバクラ業界ですが、一般的に求められるのは若い女性です。
そのため熟キャバは全体の主流となるお店ではありません。
ニッチなニーズに対応する熟キャバですが、お客様の数がもともと多くないため、お客様を確実に固定客にする営業能力が必要です。

お店によっては、入店時に「どれだけの見込み客をお店にもたらしてくれるか」を重視しているケースもあります。
お客様が多ければ採用される可能性が高まりますが、ナイトワーク素人でお客様をもっていない場合は採用が厳しくなるかもしれません。

とはいえ、未経験がダメなわけではないですので、安心してください。
実際に入店する際には面接で「過去の実績や経験」などを細かく聞かれますが、全くの未経験でも「可能性を感じさせる人材」であれば、実は採用を勝ち取れるケースが多いんです。

ただし入店後、いつまでも営業成績が上がらない状態ですと、30代・40代でキャバ嬢を続けていくのは厳しいでしょう。
若い子とは違って、真摯に心して仕事に取組み姿勢が大事になってくる事を覚えておいてくださいね。

30代キャバ嬢にとって大切なこと

30代キャバ嬢になると働けるお店が限られてくるため「A店がダメならB店で頑張れば良い」なんて具合に、あちこちのお店を渡り歩く事が出来ません。
一つのお店で出来るだけ長く勤務していけるように、ポジションを確立させる必要があります。

そもそも30代ともなると、キャバクラ店では中堅・ベテランの域になります。
新しく入ってくる女の子の面倒をみたり指導する立場になり、お店のスタッフとも信頼関係を構築して必要な人材になっている年齢です。

また女性は年齢を重ねるごとに体のラインがたるみ肌も衰えていくため、若い頃以上のケアが必要になります。
人一倍美意識が強くなければプロのキャバ嬢としてやっていけません。
スタイルを維持し、他の若いキャバ嬢から「あんな風になりたい」と憧れの存在になれるくらい自分を磨く事です。
このページでは30代キャバ嬢に必要な事、大切な事をまとめています。

年相応の美しさを維持する努力

年を重ねてくると、どうしても基礎代謝が落ちて下腹が出っ張ってきたりお肌のツヤやハリも衰えてきます。
老化現象と言われれば仕方がないのですが、一般人ならともかくキャバ嬢は人から見られる仕事。
自分自身が商材なので、常に自分を綺麗に磨いておく事が重要になります。

肌を美しく保つためには基礎化粧品できちんと肌を整え、出来るだけ十分な睡眠時間をとりバランスの取れた食事で健康的な体を維持しなければなりません。
ネイルケアも疎かに出来ませんし、自分では意外と気が付かない口臭にも気を配るべきです。
そのためには歯科医にも定期的に通い、虫歯のない綺麗な白い歯をキープする必要がありますね。

このように、年相応の美しさは何もせずに得られるものではありません。
意識の高さはもちろん、それなりのお金と時間がかかる事を心に留めて努力を怠らないようにしたいですね。

お客様をたくさん持っているのが強み

30代キャバ嬢ともなれば、ナイトワークで5年・10年経過している方もいると思います。
ベテランの域に達した方はそれまでの実績でたくさんのお客様を持っているのが最大の強み。

もしお店を移動するとなった時、営業努力で掴んだお客様をそのまま次のお店に引き継げるのは大きな力になります。
お客様が多いとお店側も簡単に手放したくないので、時給や手当を上げてくれるかもしれません。

さらに若い子にはない熟練の営業ノウハウを持っていますので、長く仕事を続けてきた経験から後輩のキャバ嬢に親身になってアドバイスしたり、分からない事に答えたりと、みんなのお世話係としての活躍も期待されます。
必要な時にさりげなく手助けできる優しい人柄があれば、人望のある人物として一目置かれるでしょう。

このように、30代・40代のキャバ嬢は外見だけでなく、若い子には出せない内面の美しさを活かして仕事をすると、重宝され長く活躍できるでしょう。